【Mr.Children】宣伝会議ONLINE クリエイティブライブラリー 森本千絵 編 を受講された方いないかな

goen°
Art Director/Communication Directorである、
森本千絵さんのオンライン講義が存在しています。

クリエイティブライブラリー 森本千絵編
月刊「ブレーン」発刊60周年を記念した特別講座「クリエイティブライブラリー」。トップクラスのクリエイター達の講義をオンデマンドで視聴できます。

「宣伝会議」という企業の広報担当者向けの雑誌、およびホームページです。

宣伝会議が運営する、教育講座が多数あります。

その教育講座のうちのひとつ、
クリエイターたちの考えに触れるコンテンツが
「ブレーン クリエイティブライブラリー」です。

https://info.sendenkaigi.com/brain_creativelibrary?_gl=1jsqh7p_gcl_au*MzA3NTczMzgzLjE2ODUzNDQwOTQ.
https://info.sendenkaigi.com/brain_creativelibrary?_gl=1jsqh7p_gcl_au*MzA3NTczMzgzLjE2ODUzNDQwOTQ.

森本千絵さんが講師となり、下記の内容で講座を開かれております。

時間講義内容
約315分領域を超えて巻き込み、つなげていくデザインの力

1. goen°に出会うまで ~学生時代~入社、新人時代~
・学生時代、コピーライター養成講座での経験
・博報堂入社、1年間の研修期間
・新人時代の仕事内容、当時の広告、CMの紹介
・手島領さんとの出会い ファッション広告 
・「Livedoor」のグラフィックデザイン、グッツ制作
・「RASHEEN」の広告 

2. goen°に出会うまで ~朝日広告賞受賞、Mr.childrenとの出会い~
・朝日広告賞の経緯
・Mr.childrenとの出会い Mr.childrenの活動休止明けの広告を担当
・Mr.children「2001年 Best Album」
・Mr.children「君が好き」

3. goen°に出会うまで ~FRANCK MULLER、8月のキリン、月桂冠、日産~
・「FRANCK MULLER」の広告
・「8月のキリン」の広告、大塚いちおさんとの出会い、擬音語擬態語の辞書制作
・月桂冠「つき」CM、日産「NOTE」

4. goen°のはじまり
・博報堂から独立したきっかけ
・Mr.children「HOME」
・「HAPPY新聞」の制作
・「ご縁」をつくる会社を、goen°創設。ロゴの制作
・展覧会、「育児辞典」の制作
・「動物園」広告、コミュニケーションディレクターと肩書を
・「coen」ワークショップの開始、「三菱地所」CM
・「SONY」の広告
・DIC「イロニンゲン」CM
・保育園、幼稚園、歯医者の内装
・学研やベネッセなどの教材デザイン
・TOYOTA CM


1. Mr.Children 30th ANNIVERSARY
・Mr.Children 30th ANNIVERSARY BEST CM
・Mr.Children 30th ANNIVERSARY BEST CM 生きろver

2.Official髭男dism
・HELLO
・Editorial
・MIXED NUTS

3.松任谷由実
・POP CLASICO
・宇宙図書館
・深海の街

4.映像の面白さ
・HARUHI 「BANQUET」
・Mr.Children 「SMF」

5. まちづくり
・てっぱん
・アオーレ長岡
・マチニワ
・青の森へ
・にゅ~盆踊り
・リボーン踊り
・まほう

6. CM関係
・想像力会議
・TOYOTA DREAM CAR ・トヨタ夢のクルマアートコンテスト
・SONY 好奇心に、出会おう ・音を見てみよう
・SKYDRIVE

7.文化事業
・養老牛小学校

8. 映画関係
・男はつらいよ50
・キネコ国際映画祭

9. 地域事業
・到津の森公園
・むさしのエコreリゾート
・八戸レビュウ

10.ATELIER&SHOP goen°

11. 震災時の告広
・節電中です
・pray for Japan
・Suntory 上を向いて歩こう

12. CM関係2
・組曲
・niko and…
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/creativelibrary_morimoto_ondemand.php?_gl=11pg22pd_gcl_au*MzA3NTczMzgzLjE2ODUzNDQwOTQ.

どうですか?

この講義内容の一覧を眺めただけでわくわくしませんか?

これはじっくりお話を伺いたいところです。

とくにココ。

2. goen°に出会うまで ~朝日広告賞受賞、Mr.childrenとの出会い~
・朝日広告賞の経緯
・Mr.childrenとの出会い Mr.childrenの活動休止明けの広告を担当
・Mr.children「2001年 Best Album」
・Mr.children「君が好き」

ご本人が語るなんて興味ありすぎて困ります。

…が、しかし。

やはり内容が内容だけに、お値段がすごいです。

受講価格20,000円(税込 22,000円)
※いずれも申込金5,000円(税込 5,500円)を含みます

二万円かあ…

ライブ2本分ちょっと…。

いちファンがさらっと楽しむレベルの動画ではなく、

仕事として広報に携わる人のための本格的な講義です。

聴きたい…でも経済的負担が大きい…でも聴きたい…。

このくらいのお値段を、躊躇なく申込みクリックできるくらいに稼げたらなあ。

と奮起させてくれる企画でした。

私にとっては、「でした」です。

講義内容一覧だけ転記させていただき、

一覧を眺めつつ、

さらに22年のgoen° Dear Mr.Children展の写真を見返すことで

無理やり自分を満足させます。

※宜しければ、↓コチラもご覧ください。

魅力的な講義内容の一覧が自分のブログに残ることで、

なんとなく欲が満たされた気持ちになるのが、ブログの不思議な魅力。

↓去年も同じようなことを書いていました。

でも…

でもやっぱり聴きたい!

本講義、受講されたという強者ファンがいらっしゃたら、ぜひ感想を聞かせてください。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました